いきつけの美容院で・・・

髪の色がだんだんと白くなり始めてきたら行きつけの美容院にいって綺麗に染めてもらう。
という方も多いと思いますがヘアカラーを使う人もいます。でもカットは上手でもカラーはへただといやですよね!笑
あと、不器用な人が自分で染めるとなると汚れやムラも・・。また安全なのか、その点が心配。といった事を良く耳にしますが、これは人それぞれです。
安心して使えるか。
という所で一番引っかかる問題はアレルギー反応がでるかどうか。
です。が、説明書には事前にパッチテストを推奨しているものがほとんどなのでまずそちらを試してから使用して頂きたいです。
さらに、ヘナなど植物由来の物を選ぶとより安心です。
女性の中で出産を経験された方はホルモンの関係で年齢が若くても白髪が生えてくる可能性があるそうです。白い毛は目立ちますから1本でもあると年齢以上の見た目になりますし、疲れてしまっている雰囲気も感じられますよね。
この事から、白い物は早い内に白髪染めで目立たなくするのが良いです。染めるのではなく抜いて対処する。という方もいらっしゃいますが抜く行為は頭皮全体に負担がかかるので良くないことだそうです。ですから、専用の商品で染めてしまうが一番良い対処法です。人気なのは泡タイプや部分タイプなど手軽に使える物も沢山あるので自分が使いやすい商品があるでしょう。
髪に白い毛がチラホラと見え始めてきた・・・そう思い立ったら、ヘアカラーで髪の毛を染めてしまいましょう。
今は植物由来の髪のやさしい物や生え際専用に考えられた物など沢山の種類から自分好みの物を選ぶことができます。染める液体を使う頻度ですがこれは人によってまちまちだそうですね。例を挙げるとすると、生え際の物は割とすぐに生え、目立つので2週間ごとに1回染める。という人が多くしかし、髪の毛全体となると時間もかかるので1か月に1回は染めたい。
というのが一般的です。
男女ともに、40代後半になると誰もが気に出すのが髪の白い筋ではないでしょうか。
これを見つけたら早く隠したい。と思われるのが普通かとおもいます。
ドラッグストアなどでも白髪染めは沢山置かれています。
男性におすすめの商品、女性におすすめの商品と分かれているので自分に合った商品を見つける事が出来るでしょう。買えばセルフで染めればよいだけなのでプロの手に任せるよりも手軽に出来ますし安価ですから非常に好評な商品です。
ですが、自分でやった時、髪の傷みが不安になるのであればプロ仕様の美容成分が配合された商品がおすすめです。

Contents

HOME

未分類

pagetop