ヘアケアは自分のため!

ヘアケアは自分のために行うものです。周りの人の視線が髪の白い部分に行くようになったらショックが大きいと思います。
白い毛は目立ちますから、どうしても人はそこに目が行きがちですし、老けた印象を与える可能性もあるので早くなんとか対処したいものです。そこで試してほしいのが泡タイプのヘアカラーです。
髪の毛を染める時に使われるのはクリーム状の物が主流ですが最近は泡で出てくるタイプの方が人気があります。クリームタイプは自分で染める時にとても難しいのに対しこの商品の場合、髪の毛すべてを泡で包むように染めるので自分でやっても綺麗に仕上げることができます。
歳を重ねてくと男女ともに気になってくるのが黒い髪だったのに白髪が生えてきた・・といった事ではないでしょうか。やはり、これはどうしようもないことでいくら自分で努力しても歳に対してそれなりの変化が見えるようになってきます。ですが、全く諦める必要はなくルプルプなどの白髪染めで染めてしまえば問題解決です。髪を自分で染めると傷みが出ないか心配・・と考える人もいるかと思いますが、ほとんどの商品にはトリートメントが配合されているので少し髪に塗ったからといって傷んでしまう。という事はまず少ないでしょう。
もし心配なようであれば、さらにその後からヘアパック等をするとより安心です。やっぱりきれいでいたいですからね!
漆黒が自慢だったのに最近は白い毛の方が目立ち始めてきた・・そう思ったら美容院に行って染めてもらう方もいらっしゃると思いますがドラッグストア等で売っているヘアカラーで染める、という方もいらっしゃいます。
自宅で染める液体は安全なのか?心配がある。という考えをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、答えは人それぞれだと思います。
安心して使えるのかという事で一番大きなネックはアレルギーが出るかどうかです。
しかしながら、最初にパッチテストを勧めている商品がほとんどなのでまずそちらを試してから使用して頂きたいです。また、ヘナなど植物エキスでできている物を選べばより安心してお使いいただけます。
白い髪の毛を隠そうとしてルプルプなどの白髪染めを使う方、いらっしゃると思います。今はネットでもドラッグストアでも、品質の良い商品が手軽に買える時代ですよね。
とはいっても、髪を染める事は負担がかかるものです。
中には薬品で髪の色を抜くタイプの物もあるので人によってはアレルギー反応が出てしまう事もあるようです。
もし、そういった事を避けたいのであればヘナを使ったヘアカラーが良いでしょう。ヘナは葉を乾燥させて水と混ぜペースト状に作られたカラーリング剤で髪の毛の色を抜くのではなく、色を入れるというようなイメージなので髪にも頭皮にも安全です。

Contents

HOME

未分類

pagetop